将来の相続がご心配な方へ

こんなお悩み、ありませんか?

  • 相続税がどれくらいかかるの?
  • ちゃんと相続税を支払うことができるの?
  • 相続税を安くする方法はないの?
  • 遺産を分割するときに親族間でもめないかな?
  • 相続人が認知症だけどどうすればいいの?
  • 相続税が発生するのかどうか分からない。

大阪相続税サポートセンターのサービス(相続発生前)

1ご相談は何度でも「無料」

相続の手続きや申告は、一生のうちに何度もあるものではありません。 しっかりとご納得・ご理解いただいてからご依頼いただきたいという想いから、当センターへの相続に関するご相談は何度でも無料としております。 (ただし、相続税の申告書作成方法に関するご相談はご遠慮いただいております)

2相続税の試算、現状の財産運用の問題点を明らかにする「相続税試算レポート」

ご本人さまのご所有財産、債務についてお伺いし、相続税の試算を行います。
1次相続と2次相続、合わせてどれくらいかかるのか、レポートでお伝えします。
その後、現状における問題点を列挙いたします。

3生前対策のメリット・デメリットが分かる「生前対策レポート」

「②」で把握した相続税額、問題点を踏まえ、生前にできる相続税対策を提案いたします。生前対策実施の「前」と「後」を項目ごとに数値化し、どれくらい節税できるかを実感していただけます。
また、単純な相続税の節税だけでなく、土地を含めた財産の継承、納税資金対策を念頭に置きながら、総合的に判断し、メリット、デメリット、留意点を詳細に表記した「生前対策レポート」をお渡しします。

4「生前贈与」による節税のアドバイス

1年間で110万円以内の贈与には、贈与税がかかりません。たとえば3人のお子さまにそれぞれ110万円ずつ、合計330万円を毎年贈与しても、贈与税はゼロです。
この制度を活用することで、相続発生後の相続税を節税することができます。節税をしたいという方はもちろん、遺言の作成に抵抗がある方にも有効な手段といえます。

5「遺言」作成のアドバイス

遺言書は、相続発生後に非常に大きな力を持ち、円満な相続の助けとなりますが、内容が不十分であったり、形式に不備があったりすると効果が発揮できない場合もあります。
そのような事態を避けるため、当センターでは遺言書作成のご相談もお受けしております。

6後見人制度について

財産管理やそれに伴う事務手続きにおいて、判断能力が不十分となったとき、あるいは不十分になった場合に備えて、代わりに後見人を立てることで財産を守る制度です。
当センターは信頼の置ける弁護士と連携しておりますので、ご希望がある方や少しでも興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

生前対策の意義

相続に係る問題はご本人がお元気な間にどんな対策を行うかで変わってきます。 生前対策にはこんなメリットがあります。

1遺産を誰にどう渡すかを決めておくことで争いを回避できる

2相続税額を事前に把握する事で納税資金を確保する計画が立てられる

3節税対策を実行することで将来の相続税を節税できる

この3つの視点を踏まえて対策を行うことで実際に相続が起こってからの手続きや相続税の申告をストレスなく実行できます。

大阪相続税サポートセンター0120-500-166 通常ダイヤル06-4797-8100
お電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ